足首捻挫【治し方/治療法】

足首捻挫の治し方・治療法、および捻挫をしてしまった直後の応急処置方法(RICE処置)の解説。

◇足首捻挫の治し方・治療法・応急処置方法について


◇バレーボール中に足首捻挫!

 週に1回の地元クラブチームでのバレーボールの練習中の事です。
 いつもどおり、チーム内での練習試合。
 うちのチームは全員そろうのが遅いため、5対5で試合を行っていましたが、ブロックに飛んで着地した瞬間!
 「ぐきっ!!」
 という鈍い音とともに、足関節を思いっきり捻ってしまいました。
 私は捻挫は比較的多くするほうで、最近では歳のせいか、ただ普通に歩いてるだけの時でも
●軽めに「ぐきっ!」
 と残念ながら捻挫をしたりします。
 しかし、この日の捻挫は、普段の捻挫ではなく、チームメイトの足の上にのってしまい
●全体重と着地の勢い
 が全てしっかり足関節にかかった状態で捻ってしまったのです。
 捻挫直後にまったく足が着けないほどの痛みを感じたのも初めての事で
バレーボール中に足首捻挫!(⇒続きを見る)


◇捻挫の応急処置の基本はRICE処置!

 捻挫に限る話ではありませんが、応急処置の基本的な処置方法のひとつに
●RICE処置
 と呼ばれる応急処置方法があります。
 このRICE処置の「RICE」とは、各処置のアルファベットの頭文字をとったもので
●Rest(レスト) ⇒ 安静
●Ice(アイシング) ⇒ 冷却
●Compression(コンプレッション) ⇒ 圧迫・固定
●Elevation(エレベーション) ⇒ 挙上
 という意味があります。
 私は、たまたまこの応急処置方法を知っていたので、とにかくすぐに自分で出来そうな範囲の処置を行いました。
 具体的には、まずバケツに水を入れてもらい、体育館の方に氷を少しわけてもらってバケツに入れました。
 この時使用したバケツが、トイレの掃除用具から持ってきたバケツらしかったのですが、そんな事は気にしていられません。
 私はまず足首のまわりを「アイシング」しました。
 本当に立てない状態だったので、椅子を借りて腰かけてのアイシングです。
 アイシングは、捻挫の直後にしっかりと行うと血行が悪くなり、「内出血」を防ぐ働きがあります。
 内出血は放っておくとどんどん進むので、まず内出血の大量発生を食い止めようとしたのです。
 RICE処置の中のコンプレッション・エレベーションはバケツを使用していたので併用は出来ませんでした。
 エレベーションの基本は、
捻挫の応急処置の基本はRICE処置!(⇒続きを見る)


◇内出血は何故おこるのか?

 捻挫をすると、必ずくるぶしのまわりがぼっこりと腫れ上がります。
 色は青紫色をしており、この腫れの正体は内出血であることは誰でもわかると思います。
 しかし、この内出血はいったいなぜおこるのでしょうか?
 実はこの内出血は、人間が生まれ持って備えている神秘的な能力のひとつである
●自然治癒力
 の働きによるものだそうです。
 この自然治癒能力が働き、内出血が発生するメカニズムは以下のとおりです。
@細胞組織・靭帯組織・筋肉組織がダメージを受ける
Aダメージを受けた細胞を治すために、血液が患部に集まってくる
B血液はダメージを受けた患部の修復をすぐに開始する
 という流れが基本的な内出血発生のメカニズムです。
 こうして見てみると内出血は非常にえらい存在で、内出血がおこることを喜ぶべきなのかも?と思うかもしれません。
 しかし、ここに大きな落とし穴もあります。
 それは、内出血は適量であれば問題ないのですが、腫れ上がるほど血液が一部分に集中すると
内出血は何故おこるのか?(⇒続きを見る)


◇足首捻挫の回復期間・競技復帰を早める方法

 足首捻挫を発症してしまった場合、いったいどの程度の期間で競技に復帰出来るのでしょうか?
 私の経験では2〜3日で普通に歩いても痛みがなくなった経験もありますし、3週間程度歩くたびに痛みが続いたケースも経験しております。
 この違いは、もちろん捻挫の症状の度合いにより異なるのは当たり前の話です。
 ただし足首の捻挫によってダメージを受けた靭帯組織の回復を意図的に早めることも可能です。
 もし、捻挫をしてしまった場合にまず気をつける事は前項でも解説したように
●応急処置
 をとにかく、すぐに行うことです。
 この応急処置をすぐに開始することで、捻挫で受けたダメージ以上の
●余計なダメージ
 を回避します。
 ダメージを最小限に食い止める事は、これだけでも回復までの期間の大幅な短縮に繋がります。
 次に応急処置をしっかり終えた後は、翌日から
足首捻挫の回復期間・競技復帰を早める方法(⇒続きを見る)


◇足首捻挫の予防に関する豆知識

 足関節の捻挫は、スポーツで発生する障害の中でもかなり高い頻度で発生するスポーツ障害と言われております。
 文部科学省の発表データによると、実に
●9割程度
 のスポーツアスリートが、一度は足首捻挫を発症した経験があるとのことです。
 尚、特に足首捻挫を多く発症するスポーツ競技はコンタクト系、いわゆる「体の接触の多いスポーツ競技」が上位を占めております。
 これはコンタクトの際の衝撃で、足関節に大きな外力が働き、関節の可動域を超えてしまう事が原因です。
 また、発症事例としては、
●他人の足の上にのって足首を捻ってしまうケース
 も多く、ジャンプ動作の着地の時に捻挫をするケースも多いとのことです。
 これはまさしく今回の私のケースとまったく同じです。
 バレーボールでは、パッシングセンターラインをしてしまった時や、ブロックの着地の時に、相手や味方の選手の足の上にのってしまう事が結構あったりしますよね。(私だけ?)
 私は半年に一度は、このケースで捻挫をしているように思います。(^^”)
 今までの経験上、競技に夢中になっている時や、絶好調の時ほど、ふとやってしまうのが捻挫
足首捻挫の予防に関する豆知識(⇒続きを見る)


◇足首捻挫.COMについて

 足首捻挫.COMでは、足首捻挫の治し方・治療法、および捻挫をしてしまった直後の応急処置方法(RICE処置)の解説をしております。
 また受傷後から実践競技への復帰までの期間の目安、リハビリ期間のトレーニングについても体験談をもとにできるかぎり初心者向きにわかりやすく解説しております。
 足首捻挫にお悩みの方、また捻挫の治療法についてお調べの方のご参考になれば幸いです^^


足首捻挫記事一覧

カテゴリ別記事